FC2ブログ
りょうの考え事日記
物事の本質をもっとみたい、そうすればもっといろんなことが見えていろんな考えができそう、そんなことばかりを気まぐれで好きな風に書いていきます。
海外会議の際に
今回のシンガポール会議での目標は2つ。

1)大人数の前でも英語で臆せず意見を述べる。
将来、英語での講義、ビジネスディスカッション、研究発表を目標に現時点できる最大のことのにトライする。
まずは大人数の前でも遠慮なく、コメント、質問ができること。
→100人近くの前で、躊躇した質問もあったが、その分2回コメントができた。

2)他国の人との積極的な交流。
→KAF内においては他国の人と十分に知り合えた。
ただし、本社の人とはまだ十分ではない。


スポンサーサイト



本日、学生向けに10年後の話をした。

うまく答えれなかった質問を書いておこう。

1) 正しいことをしていても、他と違えば、日本では他から白い眼で見られるなどがある。どうすればよいか?
→理想と現実の限界があると返答したが、実際は正論だけではなくエモーションも考慮すべき。
どれだけ理想と正論とかかげても感情にふれなければ共感されない。そこには人間性を高める必要性がある。
正論をかかげることが目的ではなく、どのように一緒に成功するかが大切。それには共感するためのエモーションへのアプローチが重要。家庭も同様だな。

2)日本全国的にみて職種に必要なことは?
おそらく常識力、会社員としての能力、顧客対応、経営概念など。
ミッション
ミッションと理念・・・違いが難しい。
理念はミッションをもとにした行動のもととなるともあるが、企業によっては理念=ミッションとなっているものもある。

社長じゃなくてもチーム(課や部)であればミッションは作成できる。
それによって少しずつ経験できる。
そしてトップの想いを込めて作るべき。(他の人ではだめ)

どんな意味があるか。
迷った時の行動指針(方針、方向性)、外部への存在意義の理解といったところか。
あとは、利益の追及だけじゃなく、どういった社会貢献をしているかの自覚かな。

さて、例えばRMなら・・
・最高の製品を最大に活用するために。
・顕在および潜在ニーズの観点から顧客と製品の出会いを創ります。
・最高の製品とニーズある顧客のつながりを創造します。
(MKTGの調査、ニーズ開拓、ターゲット設定、4Pを考えた結果)
などかな・・。

大事なことは、作って満足しない。それを継続的に伝えていくことがもっとも重要。
多忙=経験のチャンス
なぜ自分だけこんなに業務が多いのか・・・
不公平だ・・

違う。
ある意味チャンスだ。短期間のうちの多くの経験を積んで、思考を重ねることができる。

あえて自分自身を追い詰める学習方法は確実に効果があった。
追い詰められることによって人は何倍もの努力をし、能力を発揮する。
それを自ら作ることによってそのような環境を作り出すことができる。

仕事も同様だろう。
もっともまずいのは、だだ作業をこなして、考えなくなること。
これだと完全に時間の無駄になる。
その本質を、応用を、そしてさらなる改善を考えつくす。
必ず考えるということを忘れないようにする

そしてできる限りイニチアシブをとる。
振り回されると作業になってしまう。
忙しくてもイニチアシブをとるようにすると考える。

5-10年後のために、何倍もの業務を思考とともにこなす。
慢心の結果
今日、FP2級の実務を受けた・・・が、おそらく高い可能性でダメだった。

反省の必要がある。なぜだめだったのか。

考えられるのは、確実に慢心があった。
忙しかったのは事実だが、時間のせいではない、その短時間の学習でいけると思った自分の心のせいだ。
FP3、FP2学科、ついでN検2級もパスしたため、確かに調子に乗っていた。
2週間(実質は平日はできなかったので数日のみ)でいけるとたかをくくっていた。

ある意味、趣味レベルの出来事でよかったかもしれない。
より綿密に準備してかかれば、どんなことでもうまくいく、その反面、なめてかかればどんな簡単なことにもつまづく。

今回、このことで2つのことを学んだ。
・現在の慢心を反省すること。
・小さな成功でも続くと慢心が出てきて、それにつまづく。(今後に注意!)




プロフィール

りょう

Author:りょう
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する