FC2ブログ
りょうの考え事日記
物事の本質をもっとみたい、そうすればもっといろんなことが見えていろんな考えができそう、そんなことばかりを気まぐれで好きな風に書いていきます。
情報の共有化とケアの質の評価
病院でコメディカルとして働いていると、患者さんの家族に患者さんの状態などを聞かれることがある。

しかし誰が答えるべきかという問題は抜きにしても「Drに聞いて下さい」と答えるしかない場合がある。

それは情報の共有システムがうまくできていない施設の場合である。

A病院では電子カルテシステムでコメディカルも患者の状態を細かく把握でき、ケアに活かせるシステム、
B病院では電子カルテはなくても、なんとか得てきた大事な情報をうまく申し送りできるシステム、
C病院ではルーチンのための最低限の情報のみ申し送るシステムでそれ以上の情報は個人の判断になってしまい、すぐに途切れる。

情報を共有できるシステム、そしてそれをうまく申し送るシステムをつくるだけでケアの質は大きく変えることができる。

ん、待てよ。
ケアの質に人やお金を投資しても病院自体に得はしないから病院は動かないのか?
医師の質は問題とされることがあるならケアの質も問題とされもっと評価されるべきではないのか?
いってしまえばコメディカルで大きく変わることも多い、コメディカルの質も評価されるシステムができれば日本の医療もおもしろくなりそう。

競争心理や行動科学が応用できるかな。
ランキングとかにしてしまい、患者さんに評価してもらう?認定資格数で評価する?はたまた第三者にあたる専門の会社?
いろんな案がでてきそう。






スポンサーサイト





プロフィール

りょう

Author:りょう
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する