FC2ブログ
りょうの考え事日記
物事の本質をもっとみたい、そうすればもっといろんなことが見えていろんな考えができそう、そんなことばかりを気まぐれで好きな風に書いていきます。
日経つぶやき 2010.11.14
<1面> APEC成長戦略 2015年までの行動計画
成長戦略は不均衡の是正や環境対策、成長基盤の充実、技術革新、安全対策。これらが国のサポートをいみするならこの分野の企業は成長が見込めるか。また国民としても生活しやすくなる方向性にある。日本だけでなく、このように広い成長戦略ならお互いを模範や反面教師にできるな。世界のGDPの半分をしめるAPECならこれに世界が追従する可能性がある。

<1面 春秋>
これを記載している人は編集局のベテラン中のベテランで文章力は見習うべきというので今後は分析してみよう。
今回は日本と韓国のドラマからの新興国への知名度を示し、そこに韓国の企業戦略があることを示す。とても斬新であらたな気づき。メディアを使ったマーケティング。このメディアの影響は今後さらに浸透していくかもしれないと示唆。
スポンサーサイト



日経つぶやき 2010.1021
<1面> 外資誘致へ法人税優遇
法人税を一時的に下げることによって外資系が日本に入りやすくなるか。その分競争が増えれば活性化につながる反面、日本企業はシビアにならざるをえない。内需でパイがとれなくなると外にでるしかない。そういった時のターゲットはアジアになるかな。鎖国の時代には競争せずに発展が乏しかったように大いに開くことによってさらなる発展は期待できる。これによってGDPにまで影響するのかな。日本人の雇用状況としてはどちらの方向にいくのか。英語などの技術があれば活躍しやすくなるが、ない人にはつらくなるか。企業だけでなく、個人もより能力を磨かざるを得ない競争になっていくか。給与格差など開くのかな。国としては一時的に法人税はさげても新規参入が増えれば税収はプラスになる。

<9面> バイオ薬 韓国社に出資
後発最大大手の日医工が海外出資か。バイオ薬も伸びているとある。医療機器は輸入が多い中、医薬品は違うのだろうか。多くが日本の会社のイメージではある。バイオ薬が増えるとあれば他の薬は減るはず、そうでないなら薬の絶対数が増えるから国に負担がかかるはず。他の薬が減るなら企業はやはりそういった状況を見込んで乗り換えていく必要がある。

<13面> 「脱フォード」マツダ切り札
新型ガソリンエンジンで燃費を大幅に抑えるか。フォードがはなれて活発に動けないと思ったところにこの発表とは意外だった。さらに円高でも国内生産拡大の方向で動くという。確かに低価格帯に加えて燃費がいいとの魅力だが円高にもかてるのか。いつまで円高が続くかがキーとなるか。競合の社長であれば同じようなことはしないような気もするが・・・。それほどの自信作ということ?

<35面 FMVらくらくパソコン3>
これはすごい。タッチパネルだし、携帯からの写真保存の赤外線だし。らくらくホンとの連携も強化されている。多くの人がPCを持っている中、次の市場はシニアだろう。実際に高齢者に使ってもらってどうなるかだろう。孫のコミュニケーションが訴求のキーか。


プロフィール

りょう

Author:りょう
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する