FC2ブログ
りょうの考え事日記
物事の本質をもっとみたい、そうすればもっといろんなことが見えていろんな考えができそう、そんなことばかりを気まぐれで好きな風に書いていきます。
良い夫婦仲でいる方法
私はまだ独身なので結婚生活にはいいイメージを持っている。

アメリカから帰国後、多くの友人は結婚していたが、何人かの話を聞くと悲しくなることもある。

熱々から落ち着いた愛に変わるのはいいけど、冷めた夫婦仲になったり、悪い場合は肌の触れ合いさえもなくなるという。

アメリカでは自立の文化および自己主張の強い文化であるためか、離婚率50%という驚異的な数値を聞いたことがあるが、逆に続いている夫婦は日本の平均とは比較にならないくらい仲のいい印象がある。

逆に言えば、自立および自己主張の文化にも関わらず、仲の良さを維持できる何かがある。


ポイントは「素直に誉めること」と「感謝すること」。
これは別にアメリカから学んだわけでもないが、国の文化を比較するとよりわかりやすい。


日本人は誉めることが苦手である。
私も苦手であったし、数年前にある女性から「もっと女性を誉めた方がいいよ」とアドバイズされたことすらある。
その時は「そんなことできない」と思っていたけど、今は前よりは素直に言葉にでる。

特に夫婦や恋人同士なんてお互いに誉めあったらいいと思うよ。
それって幸せだと思わない?
機嫌をとるべきなんて言ってるんじゃなくて、お互いにいいとこがあって、好きで夫婦や恋人になっているのだから、そのいいところを素直に言葉にするだけ。

大事なのは気持ちを込めること。それは必ず伝わる。
だから思っていないことを言ってはいけない。

アメリカ人なんて見知らぬ人でも「あっ、そのジャケットいいね~」なんて誉めてることもある。



次は感謝。
自分もまだまだだと思う。
多くの日本人男性は付き合いや夫婦関係が長くなると、恋人や奥さんがしてくれることに感謝するのを忘れる。

男性が女性に感謝しないから、女性も男性に感謝しなくなる。
順番はどちらでもいいけどね。

「いつも家事をしてくれてありがとう。」
「いつも遅くまで働いてご苦労様。」
こんな関係っていいと思うよ。

夫婦や恋人だけじゃなく、友人や親も同じ。

アメリカ生活で印象的なのが、友人と遊んで帰る時は
「今日は遊んでくれてありがとうな。」
って握手をして帰る。



両方ともに共通することは「素直」に表現すること。
騙されたと思って試してみてくださいね。







スポンサーサイト





プロフィール

りょう

Author:りょう
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する