FC2ブログ
りょうの考え事日記
物事の本質をもっとみたい、そうすればもっといろんなことが見えていろんな考えができそう、そんなことばかりを気まぐれで好きな風に書いていきます。
議論の重要性
議論というものは難しい。
特に日本人は、(一般には)協調性を大事にする国民である。
アメリカ人とはちがい、小さいころから議論をするわけでもなく、協調性を大事にするように育てられてきている。
また、上下関係にも気を遣い、無駄にしこりを残したくもない。

サンデル先生の講義をみた。
日本人の受講生同士に議論をさせ、それが白熱したりして、ヒヤヒヤした。

それでも議論ののちに、気づくことは多い。
さらに今回のお題が民主主義であることもあって、最終的には大震災と絡めて
・政府や東電に対しても今まで発言していなかったことも問題。
・震災後はブログやツイッターで意志表示する人が増えた。
とまとまる。

どんなことも同様である。
一方的に押し付ける、一方的に受け入れるのではなく、発言(意志表示)、議論というのは大切ということを痛感した。

そのために何が必要か?
・正解がないことに対しても、自分はどう思うか考える。
・論破することが目的ではなく、相手の考えを理解しようと試みる。
・論破されたとしても、考えが深まったとして、それが成長と前向きにとらえる
スポンサーサイト





プロフィール

りょう

Author:りょう
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する