FC2ブログ
りょうの考え事日記
物事の本質をもっとみたい、そうすればもっといろんなことが見えていろんな考えができそう、そんなことばかりを気まぐれで好きな風に書いていきます。
情報共有の仕組み作り
医療の分野は多くの知識を必要とする。
日本においては卒業後、現場で人から教わって学ぶこと多い。

特に新人の時、または新しい分野に入った時などが多く効率的に学ぶ必要がある。

一人が一日で現場に出て学んでくることは多いがそれを数倍に高める方法がある。
それがお互いの学んだ情報を共有すること。


7年ほど前に2つめの病院に就職した。それまで行っていた分野から大きく変わり教科書的なことはもちろん現場でも多くを学ぶ必要があった。この時にこの認識を持った。

その時には私も含めて新人は5名ほどいて皆がそれぞれ学ぶ。
それを共有するための方法として学んだことをPCへ打ち込み、皆で共有することにした。

ただ、皆の認識はそれほど高くなく、私とK氏の2名のみの記載でほとんどを占めた。コンセプトは今思っても悪くない。ただ、今なら他のアプローチ法も思いつく。あの時はこれであきらめていたが、今ならどうするか?

案1:わざと皆の前で私とK氏でその記載の内容で盛り上がる。
案2:科の仕事として扱い、終礼時に「本日学んだことはあるか?」と取り上げる。
案3:これを月ごとに集計して、それぞれが書いた数をグラフ化し視覚的に訴える。(プロセスを重視するために書く内容は問わない)
案4:月ごと集計は長くだらだらやらず、人の行動が習慣化するといわれる3ヶ月をめどとする。
案5:簡単なご褒美(食券など)?(簡単ものでもご褒美があると違うというがそれが目的になっても困る。検討必要)
案6:数を稼ぐ仕組みは上記でOK.質を維持するために終礼前に書かせて、終礼時に担当者に説明させるか?


これらの方法は新人同士でさせてもいいし、新たな分野に参入する時にもしてもいい。応用は効く。

K氏のコメントを頂きたいところである。







この記事に対するコメント

最近、共有化の為に使っている時間に無駄が多いような気がしている。
・長時間の会議
・多くのタスクフォース
・止め処ない、メールに電話

共有化される情報量がここ数年で膨大に膨れ上がっている。
それに伴いスピードも要求される。

共有化すると責任が分散し、情報の価値が下がる。
共有化については間違いなく肯定派だが問題点も多いと感じる。


「情報共有の仕組みづくり」本文の内容は、
「共有」ではなく「学習意欲」の問題だと解釈している。
案1-6を見ると「共有」よりも、むしろ「学習意欲」を上げる事について分析されている。

案1-6を編集すると
①刺激
②機会
③圧力
④報酬
となるだろうか。

これらについて、具体的な対応策を落とし込むと面白かも知れない。
【2008/06/14 14:06】 URL | かまし #- [ 編集]


>かまし
やっぱりおもしろいね~、かまちゃん。

そうくるとは思わなかった。
共有化は必要、でも挙げた3つの問題点もごもっとも。
ネットのない時代にはもっと共有には時間がかかったし、チャンスもなかった。

3つの問題を少しでも改善するにはそれぞれのシステムの見直しが必要。という程度にしか思いつかない。10%の改善でなくて30%以上の改善。大きな変革。
その答えは正直、今は思いつかない。


うん、確かに学習意欲になってるな。
いや、別の視点では「ある行動をさせるための仕組み」になってるのかな。
共有に限らず、ある行動を自発的にやらない、またはその意思が持続しない場合は、仕組みによってその行動をとらせる。ってことかな。
共有とは離れて結局行動科学!?の話になってきた・・。
【2008/06/17 01:13】 URL | りょう #JalddpaA [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://ryoucircle.blog116.fc2.com/tb.php/33-db91da21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

りょう

Author:りょう
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する